非正規業者に依頼するメリットデメリット

修理完了までの時間が早い

iPhoneの修理を製造メーカーではなく、非正規業者に依頼する場合のメリットとデメリットはどういったものがあるでしょうか。まずメリットとして挙げられるのが、修理を依頼してから完了するまでのスピードです。もし、壊れたiPhoneをメーカーに送って修理を依頼する場合、送付する手続きを行ってから実際に送付し、それから修理が行われて送り返されるという流れになります。間に配送業者が入る分、時間がかかりますし、修理もすぐに取りかかってくれるとは限りません。
非正規業者に依頼する場合、業者のオフィスに直接持ち込むということが可能になるので、修理の内容が簡単であれば持ち込んだ当日に修理が済んだiPhoneを受け取ることができます。

メーカー保証が受けられなくなる

費用の点でも非正規業者を利用するメリットがあります。メーカー保証が受けられる場合などを除き、基本的にメーカーに依頼した場合の修理費用よりも、非正規業者に依頼した場合の費用の方が安いことが多いでしょう。
では、デメリットにはどのようなものが挙げられるでしょうか。一番の問題は、メーカー保証が利用できなくなる可能性です。たとえば、メーカー保証の期間が残っている状態で非正規業者がiPhoneの蓋を開けて基板などを修理してしまうと、その時点でメーカー保証の権利が失われることになります。したがって、どうしても壊れた当日に修理を完了してもらいたいといったケースを除き、メーカー保証が残っている状態で非正規業者に預けるのは避けるようにしましょう。

iphone修理を青森で行える業者を探すなら、業者の情報を地域別に載せていて検索できるサイトを活用すると良いです。住所から検索できるため、効率的に身近な業者を探すことができます。